コウモリとは

コウモリは昔から夕方になると良く見かける生物でした。昼間は洞穴などのうす暗い場所で過ごし、夜間になると空を飛びまわり、蚊や蛾などの虫を捕らえて生活してきました。害虫になる虫を食べてくれるので益獣として扱われてきたのです。 ところが最近ではコウモリによる家屋の被害が広がっています。コウモリは体長4〜6センチ程度で体重も10グラム程と、とても小さな生物でちょっとした隙間から天井裏などに入りこむケースが増えているのです。 しかし、自分でコウモリ駆除をしようとしても難しい事が多いようです。コウモリは鳥獣保護法で守られている野生動物ですので、殺傷目的の捕獲はできません。撃退スプレーや超音波機などが市販されているようですが、一時は追い払ってもまた戻ってきてしまうことが多いのです。

このような被害の拡大を受け、最近はコウモリ駆除を行う業者がいます。コウモリ駆除の業者はまず調査をし、コウモリを追い出し、侵入口を塞いで糞掃除などを行ってくれます。コウモリは集まって生活しているので、多量の糞の被害に悩まされます。悪臭やウイルスや細菌による衛生上の問題などが発生しますのできちんと対処することが必要となります。 自然環境の変化からコウモリの住む場所も変わってきていることが考えられます。都市部の住宅地での被害が増加してゆくことも予想されます。コウモリは飛び回る動物ですので、自己流の撃退は難しいと思った方が良いでしょう。高い場所から落下したり、病原菌などを移されたりするリスクも考えなくてはいけません。このようなことから、これからますますコウモリ駆除の専門業者への依頼や相談が増えると思われます。